少しずつ長く続けること

お腹

痩せて魅力的になりたいと考えている人が多いですが、その天敵ともいえるのが贅肉になります。年齢を重ねれば重ねるほど落ちないもので、途中であきらめてしまう人も多いです。多くの人がすぐに結果を出したいと考えていますが、すぐに結果が出るものではないです。すぐに落ちない贅肉だからこそ長期的な計画をもって進める必要があります。基本的には体を動かすことが、落ちない贅肉を落とすうえで大事なことになります。しかし仕事などで体を動かす時間の確保ができないと言い訳する人が多いですし、まとまった時間をとるのは多くの人が難しいです。そこで日常生活で少しでも歩く時間や立つ時間を多くすることで運動の効果が出てきます。体を動かす時間が増えれば贅肉が付きづらくなりますし、減らしていくこともできます。できる範囲で少しずつ体を動かす習慣を長く続けることが上手くいくポイントです。

食べすぎは禁物です

トレーニング

体を動かす時間を増やしたとしても、その分沢山食べてしまうと効果はないです。そこで運動と合わせて食事の量をコントロールすることも大事になりますし、仕事などで運動の時間が取れない場合は食事の量を減らしたほうが落ちない贅肉も落ちます。年齢により基礎代謝が衰えてきて、基礎代謝が衰えることで贅肉が付きやすくなります。そこで食べる量を減らしていくことが贅肉をつきづらくすることに繋がりますし、食べないことで脂肪を燃焼してエネルギーにつなげようとします。そのため痩せようとしているときに食べすぎは禁物ですし、効果の出方にも違いがあります。

運動をする際の選び方

鍛える女性

運動をするときに何をするかによっても落ちない贅肉を落とす効果が違ってきます。有酸素運動は短期間で体重を落とすことができますが、最低でも1回30分以上は続ける必要があり普段体を動かしていない人にはとても厳しいです。無酸素運動といわれている筋トレは筋肉をつけて基礎代謝を上げて、落ちない贅肉を落としやすくすることができます。こちらも運動を普段していない人には厳しいのと、筋肉は一気につきづらいため効果が出る時間は遅いです。

自分に合ったものを選ぼう

女性

有酸素運動は1日30分を最低でも週4日ほど行わないと、落ちない贅肉を落とすほどの成果にはつながらないです。しかし普段の生活で歩く時間が30分以上ある場合には有酸素運動をする必要はないです。その際は筋トレをして基礎代謝を上げたほうが、落ちない贅肉を落ちやすくなります。普段歩く時間をとっていない人や膝や腰が痛い人は、最初に有酸素運動と食事量のコントロールで最初に体重を落としてからでないと筋トレしても体を痛めてしまいます。自分の体の状態で自分に合った方法を行うことが大事ですし、わからない場合にはジムに通って相談すると成果が出る方法を教えてくれるのでお勧めです。

広告募集中